2017年06月30日

ブラック 借り入れ 業種

属性を気にするような所だと業種が審査に影響してくる場合もありますが、それだけで可否が決まるわけではありません。

属性で審査可否が決まる所だと、それぞれの項目ごとに点数を付けてその合計点で結果が決まります。

影響はあるものの、一つの項目だけで決定されるわけではありません。

このような審査を行うのは機械を利用している所なのですが、属性をチェックする前に信用情報機関を確認する場合が多いです。

確認をした際、事故歴があればその時点で弾かれてしまうと言われています。

審査すらしてもらえない状態で弾かれる事になるので、事故歴がある以上何度申込をしても結果は同じだという事です。



機械審査を行っているのは大手金融になるのですが、大手だとブラックの人は借り入れできないので利用は諦めた方が良いでしょう。

どうしても利用したいという場合は、時効成立で事故歴が消えるのを待つしかありません。

消えれば利用ができますが、時効成立までは数年かかります。

今すぐにでも借りたいという人だと、待って利用するのは無理でしょう。



なので、今すぐ借りたいという場合にはブラックも貸付対象になっている所を利用する事をお勧めします。

貸付対象だと言われているのは、中小金融になるのですが事故歴を気にしませんし属性で可否も決まりません。

信用情報機関の確認はしますが、事故歴があっても現状に問題がなければ可決の可能性はあります。

なので、毎月一定の収入があることや返済能力を証明できれば借り入れは可能だと言われています。

これなら借り入れできる人も多いかもしれません。



ブラックを貸付対象にしていますが、正規業者には変わりありません。

違法業者とは違うので、法に基づいた貸付が行われますし安心です。

実績のある所も多く、ブラックにも寛大なので利用してみると良いでしょう。



世間では存在を知らないからなのか借り入れはできないとか危険だとか言われていますが、それは誤解です。

対応している金融が見つかれば借り入れができますし、正規業者を利用すれば安心です。

ブラックでも借り入れできるチャンスは十分にあるので、申込をしてみる事をお勧めします。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星